2010年04月07日

「粘り強い捜査に敬意」=中国ギョーザ事件で警察庁長官(時事通信)

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、製造元工場の元臨時従業員が中国で身柄を拘束されたことについて、警察庁の安藤隆春長官は1日の記者会見で、「中国公安当局の長期間にわたる粘り強い捜査が実を結んだもので、敬意を表する。全容解明に向けた取り組みがさらに進むことを期待している」と述べた。また、国内で発生した事件の解明に向けて情報の擦り合わせなどを行うため、早期に同庁幹部を中国に派遣する考えを示した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕中国製冷凍ギョーザ中毒事件
対日関係にらみ執行通告か=ギョーザ事件検挙直後
日本人の死刑執行を通告=麻薬密輸罪、来月5日にも
計3回、殺虫剤を混入=「給与格差で報復」と呂容疑者
「殺虫剤、池に捨てた」=拘束の元従業員供述

<埼玉保険金殺人>八木死刑囚の再審請求棄却 さいたま地裁(毎日新聞)
「かっとなり首絞めた」と供述…金沢死体遺棄(読売新聞)
<大阪市営地下鉄>谷町線で逆走 昨年9月、初歩的ミスで(毎日新聞)
大阪のサクラ満開に 昨年より2日早く 管区気象台(産経新聞)
普天間移設 岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)
posted by ヤシロ リキオ at 03:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。