2010年03月18日

福島さん、矛盾しませんか? 国会同意人事で(産経新聞)

 政府が国会に提示した原子力安全委員会委員の国会同意人事案をめぐって、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が前代未聞の矛盾した対応を取る可能性が出てきた。

 政府は12日に、同委員へ原子力発電推進派の班目(まだらめ)春樹東大大学院教授を起用する人事案を国会へ提示した。脱原発を掲げる社民党は反発し、18日の党の会議で不同意を決める見通しだ。

 だが、平野博文官房長官は17日の記者会見で、斑目氏の人事案を取り下げない意向を示した。政府は、国会で採決にかけるため、斑目氏の人事案を19日に閣議決定する方針で、それには閣僚である福島氏が賛成して署名することが欠かせない。

 福島氏は、閣僚を辞任する意向はないとみられる。すると、自党の方針に反して閣議決定に署名する矛盾した対応をとることになる。社民党関係者によると、福島氏は月末に予定される国会の採決では棄権か反対に回りそうで、今度は閣僚としての自身の対応を真っ向から否定することになる。

【関連記事】
事前面接の解禁見送りを正式決定、派遣法改正案
社民・福島氏 朝鮮学校も「学ぶ権利」 無償化求める
鳩山政権半年 「小沢独裁」に決別の時 腐敗是正と国益重視で結集を
衆院が政府提案の同意人事案を可決
「原発推進」を明記 温暖化法案を閣議決定へ 民主内から反発も
20年後、日本はありますか?

「朝鮮総連と一線を画してほしい」 朝鮮学校視察の橋下知事(産経新聞)
スカイマーク機、指示高度守らず 入力を忘れる(産経新聞)
Dr.コトー 鹿児島の瀬戸上医師、定年再延長し“続投”(毎日新聞)
拉致パンフから「被害者帰国」項目消える(産経新聞)
移設問題が影響?米国務次官補、訪日中止(読売新聞)
posted by ヤシロ リキオ at 10:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。